ホーム > ブログ > 葉山の丘に行ってきました。

2017.06.07

葉山の丘に行ってきました。

 

葉山の丘

 

所在地:神奈川県三浦郡葉山町一式408番地

職員数:84名

サービス事業・定員

①介護付有料老人ホーム 葉山の丘 95室(個室90室・夫婦部屋5室)100名 本館65室、新館30室

②リハビリ特化型デイサービス  ARK葉山の森 定員30名月~土曜日

③居宅介護支援事業所 ケアプランセンター葉山の丘

 

平成26年4月1日に既存の介護付有料老人ホーム「葉山の丘」の隣接地に新たに2階建ての建物を増築しました。

1階にリハビリ特化型デイサービス「ARK葉山の森」(葉山初)、1・2階に居室を設けています。

設計・監修は隈研吾建築都市設計事務所が担当。

 

施設長の山本さんにお話をお伺いしたところ、2つの特徴があります。

建築的な視点と地域密着・貢献の視点です。

1.既存施設の増設:RC造と木造の融合

 

葉山の丘_外観

葉山の丘_吹き抜け

 

 

建物内に入ると木を格子状に組んだ本棚。階段伝いに天井近くまで本が陳列されています。

木のぬくもりを重視した外観・室内となっています。北側の居室でも日中は長い間明るく、眺望を楽しめます。

お部屋の天井と壁面を斜面にすることで軟らかさを出しています。また空調機の位置にも配慮しています。居室に圧迫感がありませんね。

居室内壁面洗面

 

 

 

緊急通報装置ベランダ

 

2.地域への開放

・認知症カフェの開設

・子どもの駆け込み寺として場所を提供

・障がい者雇用:ノウハウをグループで共有

・リゾート型から地域密着型への変遷があり現在口コミを通して入居率UP

・施設内に居宅介護事業所併設で地域の窓口&行政との関係強化

 

入居者の嗜好がお食事は外部委託せず、試行錯誤しながら管理栄養士3名調理師等を雇用し自社運営しているそうです。

入居者・利用者本人、ご家族の紹介で入居される方(近隣の方)が多く、住み慣れた地域で安心で快適な生活を送っていただける施設となっています。

 

海を臨める景観を生かした設計で木造建築が既存の建物に融合している点が興味深く、多世代交流を促す取り組みをされている施設でした。

ありがとうございました。

 

 

 

Copyright © Institute of Elderly Housing Sciences All rights reserved.

ページのトップへ