ホーム > ブログ > 在宅高齢者の話し相手ボランティア組織の継続・展開モデル

2017.06.16

在宅高齢者の話し相手ボランティア組織の継続・展開モデル

研究所では、2017年4月から一般財団法人財団せせらぎの研究助成を受けて、以下の調査研究を行っています。

 

在宅高齢者の話し相手ボランティア組織の継続・展開モデル――2つのボランティア組織における試論的考察

 

この研究では、在宅高齢者の支援活動の一つとして重要な話し相手ボランティアの組織的実践の展開に注目しています。
高齢者の「疎外感」「孤独感」の解消を目的とする支援活動の一つに,「話し相手」のボランティアがあります。
在宅高齢者の話し相手ボランティアが活動していく中、活動上の困難はいかに組織的に克服されていくのかというボランティア組織の実践展開について、実際に調査を開始しました(ご協力いただいている方に、心より感謝いたします)。

 

結果はまとめて2018年の3月に報告書として提出いたします。ブログでもご紹介したいと思いますので、ご興味のある方は、どうぞお楽しみに。
(高齢者住宅研究所 竹内みちる)

Copyright © Institute of Elderly Housing Sciences All rights reserved.

ページのトップへ