ホーム > 活動実績 > 調査報告書等 > 科学研究費助成事業研究成果報告書「状況論的アプローチによる要支援・要介護高齢者の在宅継続を支援する実践モデル構築」

2018.03.26

科学研究費助成事業研究成果報告書「状況論的アプローチによる要支援・要介護高齢者の在宅継続を支援する実践モデル構築」

2014年4月1日~2017年3月31日まで助成を受けていた科学研究費の研究成果報告書がアップされました。

「状況論的アプローチによる要支援・要介護高齢者の在宅継続を支援する実践モデル構築」

ご興味のある方は、是非ご覧ください。

https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-26780337/

 

 

Copyright © Institute of Elderly Housing Sciences All rights reserved.

ページのトップへ