ホーム > 活動実績 > 都市住宅学2016Spring 特集「サービス付き高齢者向け住宅の意義と課題-豊かな高齢者居住のために何ができるか」

2016.05.09

都市住宅学2016Spring 特集「サービス付き高齢者向け住宅の意義と課題-豊かな高齢者居住のために何ができるか」

都市住宅学会誌にサービス付き高齢者向け住宅の特集が組まれました。

「本特集では、サ高住についてその意義と課題を明らかにするとともに、現在のサ高住の契約手法における留意事項、入居者の自立を維持するハード・ソフトのあり方、社会的な費用対効果の観点も踏まえて、高齢者の豊かな居住に寄与するサ高住の制度改善方策を探るとともに、高齢者の居住全般についての今後の政策問題を展望する(前書きより抜粋)」

サ高住の制度化から約5年が経過しようとしています。

この節目に、本誌では特集が組まれ、「豊かな高齢者居住」に向けて、各分野の専門家が執筆しております。

研究所では、サ高住の「サービスの実態と課題」について執筆しました。

 

 

Copyright © Institute of Elderly Housing Sciences All rights reserved.

ページのトップへ